05« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»07

そろそろ〇年経つし、とある事の顛末と愚痴 

はじめに
これはとある友人との過去のお話です。
色々な出来事ときっかけにより今はもう関係は切れています。
ただ、その友人との過去が心の中で清算し切れない事があるので
自分流、あくまでも自分流の方法として
文章に纏めて愚痴も含めて書くことにより、清算する記事を書こうと思いました。
完全な自己満足であり、関係ないとは言え
大なり小なりその人物の批判的内容を含むので
読むにしても「そんなことがあったんだね~」程度の感覚で目を通し
間違ってもその彼や関係者に
「砂利さんがこんな事言ってたよ~」などと報告はしないでいただけると
幸いです。それで喧嘩再燃みたいなのも面倒ですので。
(ブログに書いて公開って時点で相当なかまってちゃんですがね)
なのであくまでも名前は伏せて、記事を書くので
読み難いかと思われますが、ご了承ください。



・そもそもの決定的瞬間の非は俺
とは今でも思っている。

 まず彼とは共通の対戦ゲームで知り合いでした。
知り合って二年くらいはそのゲームを通して
対戦はもちろん、通話で話したりもしていました。
そんなある日、そのゲームをリアフレと遊ぶことになり
折角なのでニコ生で放送しながらやることにしました。
その方が自分以外とも対戦できるので、自分としても
リアフレとしても、良い経験になるので。
その時に件の友人も枠にきて自分と対戦することになりました。
他の対戦予約もあり三戦することにしました。
結果は彼が二連勝後に自分が一勝の1-2で負け越しました。
その際に彼は自分に向かって「負けたぜ」に類するコメントをしました。
 自分が三戦、更に言えば奇数戦で対戦をした理由としては
「勝ち負け」が絶対につくからです。
負けず嫌いな自分としてはなんらかの形で勝敗がつかないと
必要以上に悔しがってしまうのです。
なので、敢えて絶対勝敗をつく試合数にすれば
「うん、今回は負け!次!」という切り替えを
悔しいながらもつけることが出来るのです。
 そういう考えを持っている自分に対して二勝した相手が「負けたぜ」
自分も子供だな、と思いましたが激昂してしまいました。
と言うのも彼はそういう「煽り」とも言える言い回しを
最も嫌うような人物だったのです。
自分が嫌うような行動を他人にはするのか?と。
その事はそれでごめんと、謝罪と理解を得られたのですが
放送に来たということでその時の彼に溜まっていた鬱憤を
晴らしてしまったのです。当時別ゲーへの愚痴がひどかったので
「そんな気にすることでもないと思うんだが、ダメか?」
と気軽に言ってしまいました。ちなみに彼は
「俺にとっては重要だし、気にする」ということで
「これ以上は枠を荒しそうだから去るわ」とその日の彼との会話は
終わりました。
 煽りが嫌いと言っていた彼からの煽りのような言葉
 それに対して必要以上に反応した自分
 だが、奇数戦にしている理由を説明していないのは悪手

そして後日、自分が愚行を犯してしまったのです。
それは上記の経緯を生放送で話のネタにしてしまったのです。
後から知りましたが、彼はその放送をROMっていたらしく
「自分が気にしている嫌なことをネタにされた」と判断したらしく
数日後にはその当時彼と連絡を取るための色々なアカウントが
全てブロックされていました。
自分としては「昨日アイツがさ~・・・」という
友人との遊びの記憶を報告のような形で話しているつもりだったので
軽率だったな、と今でも後悔していますし
今も生放送中は注意している事の一つとしています。
 彼の悩みを軽視し話のネタにしてしまった
彼の煽りから始まったので友人にこのことを話すと
「いや、砂利さんは悪くないでしょ」と言ってくださる友人もいますが
少なくともこの決定的な断絶の出来事の原因は
自分にあると思っていますし、反省すべき点だと思っています。



・だが、俺は彼を追わなかったわけで
もし彼が大事な、それこそ離れたくない友人であれば
ブロックされているとは言え、他の友人を通して連絡し
謝罪や話し合いを求めようとしたと思います。
ですが、自分は追いませんでした。
元々上の対戦した日の時点であまり遊ばなくなってしましたが
なによりも「切れたなら切れたで・・・いいか」
と言う切り替えが割かし早くできてしまったのです。
おそらくそれには上の出来事の前から
彼の自分に対する態度にいくつか疑問を持っていたからだと思います。

 よく遊んでいた当時、自分は彼の枠でよく自虐ネタで話をしていました。
散々ゲームの解説をした挙句「まぁ、俺このゲームよく分かんないけどね」
のような、話にオチを付けてリスナーから
「いやいや、語ってるんだから知らないはずないやんけww」
と言った形ですね。それ自体は枠の盛り上がりにもなってはいましたが
自虐や煽りが嫌いな彼にはあまりウケはよくなかったようです。
 そして、その自虐ネタはリスナーがするようにもなっていき
ある日、彼からメッセが届きました。
「お前が自虐でよく使ってる言葉ってなんだっけ?NG登録したい」と
おそらく「よく分からないんでw」の事だとは思うのですが
人によって言葉は千差万別
「そんなの一つNGにしたってどうしようもないだろ」と返信しました。
それに対して彼は
「お前が流行らせたんだから、どうにかしろ」と。
正直言って胸糞悪かったです。
まず、自虐ネタをある程度していた事は自分が悪いと思います。
ですが、それをリスナーが真似するのは自分とは無関係のはずです。
それを
 NG登録したいからよく使う言葉を教えろ
 流行らせた悪いから、どうにかしろ

嫌な言葉がコメントできたら自分NG登録すればいいし
言ってくるリスナーに自分で「嫌だからやめと」言えばいいはずです。
それを自分に押し付けるように言うのはお門違いじゃね?
と思いました。

 彼とそれこそ一番仲良かった時期、共通の対戦ゲームで
彼は大会を開催していました。自分も参加していましたし。
実況の手伝いや、偶に運営等も代理で行っていました。
彼が大会の動画等も投稿し始めたある日
「今回は大会の運営も動画作成もできそうにない、やってくれないか?」
と依頼されました。彼と自分は当時、動画編集ソフトが違く
「なるべく似せるが多少は変わるかもしれないが大丈夫?」と聞いたら
「まぁ、大丈夫だろう」という回答(だったはず)です。
その大会自体は無事に開催でき、動画も自分の方で作成できました。
その動画を確認した彼からメッセが届きました。
「全然質が違う、良すぎる」という文句(?)でした。
一応自分としての比較ですが
・対戦の入りのフェードインフェードアウト
・文字のフェードインフェードアウト
くらいの差でした。自分の使用ソフトでも彼の使用ソフトでも
出来るくらいの差でした。その事も説明しましたが彼は
「一回でもこういう質になったら下げれない」という態度でした。
そして最終的には
「動画のやり方をそっちに合わせるから教えてくれ」
という話になりました。
別に自分の動画編集技術もそんなに凝ったものでありません。
当時だからいまより更に適当だったと思います。
ですが、それを文句を言われながら教えろ、と言われても
いい気分はしなかったです。
ですが、(彼にとっては)あくまでも動画を質を上げてしまった
自分に非があるという事案。そのまま通話を繋ぎ
動画編集を教えることになりました。
そして彼は教えるウチにドンドン態度が好転し
最終的には「動画編集って面白いんだな!」と
その後も彼は大会動画をその技術で作成していきました。
別にそれ自体は教えた技術を生かしているという良い話だと思います。
ですが、彼にとって自分は「勝手に質を上げたから奴」だからなのか
悪態ついてごめんも、教えてくれてありがとう、
もありませんでした。
自分としては教えた技術を軽く見られたような気がして
動画投稿を趣味としている自分としては非常に濁る事案でした。

という謎の責任のなすりつけのような案件から
自分は彼への不穏な気分が募っていきました。
それが上記の対戦の日に爆発し、関係が切れた。
そして俺は彼を追わなかった。
これが自分と彼の、あくまでも自分視点の見解です。



・じゃあ、仲直りするかと言うと・・・
 結論から言えば「ない」と思います。
今現在、彼がどんなゲームで遊び、どんなスケジュールで
生活をしているかは一切分かりません、切れましたからね。
もっとも、それは彼も俺の事を分からないと思いますが・・・
ですが、それでも彼の根幹は上のような人間から
変わってないとは思います、性格的な部分ですから。
だとしたらたとえ仲直りしても、おそらく同じような事で
また喧嘩するのは明白。仲直りが面倒な友人と
無理に付き合う必要はないだろう、それが自分の
仲直りはないだろう言いきる理由です。



・最後に
今回まとめたことで、もうこの友人とのことは
自分の気持ち的には完全清算ということにしようと思います。
その上でこれを読んで、且つ彼と自分の共通の友人に
お願いというか留意して欲しいことがあります。
それはこの記事はあくまで自分の、自分視点の愚痴であり。
件の彼を悪く言うつもりはないということ。
それでも彼にとっては良い内容とは言えないでしょう。
それこそ耳に入ったから喧嘩にある可能性もあるでしょう。
なので「あぁ、砂利さんかまってちゃんだからな。
ブログに書いてあまつさえ公開しちゃったんだな」
程度に留めてください。
それと共通の友人だと間に挟まれて嫌な気分になることも
あるのではと自分としては思っています。
もし仮に「挟まれて嫌だから砂利さんを避けよう」
という結論を出す方がいれば、それは彼と仲直りできない
子供じみた性格の業だと受け止めようと思います。
・・・それでも俺と遊んでくれたり、話してくれるの事を
選択してくれる友人であれば、それは非常にありがたいし
大切にしたいと思いますので、その点は
どうか皆さんよろしく、こんな自分ですが
今後ともお願いします。


以上(`・ω・´)ゞ
長ったらしいしいつも以上に纏まりがない文かな~。
まぁ、すっきりさせてもらった。
スポンサーサイト

カテゴリ: 雑記

tb: 0   cm: 0

年の初めのFGOガチャ 

一月に二回しか記事を書かないうちに二月になってしまいました。
砂利ガニです。ツイッターで日々を報告しすぎなんだよなぁ~。

さて、そんな今回の動画紹介は
なんともう一ヶ月前の事にんっちゃうんですね~。↓



去年のイリヤイベで垢を作り(その後なぜか放置し)
はたまた何故かハロウィンイベントから本腰を入れたTGO
新年の福袋ガチャとキャラが日別にピックアップされるってことで
砂利さんにしては珍しく、割と奮発してガチャガチャした結果です。

まぁ、福袋の方は友人のななやん君と話してるのもあって
相当はっちゃけてますね。ななやん君、すまんwww

イリヤピックアップの方は、いらんドラマが起こってますね。

肝心の本編はこれを書いているときは五章
とくに飽きても居ないのでストーリー育成
共に頑張っていきたいですね♪
29.2.3 FGOカルデラ

何がどうすれば「☆5鯖禁止フレンド最後尾縛り」
なんてやるとするんだろうね・・・
果たしてここに映っているモドレ、そしてエルキドゥ・ジャンヌの
レベルが上がる日は来るのだろうか・・・
まぁ「使わなきゃいけなくなったら」育てるんじゃない?www
好きキャラで好きなようにやる
それもまたソシャゲの醍醐味よ。
以上( ´・Д・)ゞ

カテゴリ: 雑記

テーマ: Fate/Grand Order - ジャンル: ゲーム

tb: 0   cm: 0

砂利コラム『格闘ゲームから考察するヴァンガードの適正クラン診断』 

Ⅰ.はじめに
この記事は私砂利ガニが、格闘ゲーム(2、3種類)とヴァンガードを遊んでいる時に
ふと浮かんだ勢いだけで考えた雑記です。
あまりにも的外れ・・・ということはないと思いますが
よりどちらもをしっかりと理解してる方が読んだら
「いやいや、ちげぇだろwww」みたいな意見は出てくると思います。
ので!まぁ・・・気軽に読んでください。
あと、参考考察例として、一部友人の話が出てきますが
その友人方に一言だけ・・・ごめんね?www


Ⅱ.きっかけ
まぁ、そもそものきっかけはとある友人M氏が「エンジェルフェザー面白そう」
との一言がきっかけです。
彼も色々格げーをやっていて、もちろん対戦もするんですが
その格げースタイルとエンジェルフェザー(以下エンフェ)の
デッキギミックがですね、なんというか・・・親和性があるというと感じまして。
もちろん可愛いカードがあるからって理由からも釣れたんですが
ちょっと他の友人の格ゲースタイルとヴァンガード(以下VG)の使用デッキで
その親和性を考察してみようかな?と思いました。
あ、自分のは最後に書きますwww


Ⅲ.友人H君の場合
僕にVGを教えてくれたH君。最近ファイトしてないけど
またカラオケとか行ったときにたまにはやってみたいZE☆
そんな彼はメルブラではF白レン、UNIならリンネ
徹底したリスク管理で、試合開始から試合終了までのプロセスを
相手に当てはめてそのまま倒しきるタイプというのが私の考察。
そんな彼はVGでは「オラクルシンクタンク」「ジェネシス」を使用。
特にツクヨミオラクルはデッキ下にカードを順番にしまう
いわゆる「積み込み」がギミックなので
どのカードをどう積み込むかで防御も攻撃も決まってくる。
その積み込みからのガードと攻撃が非常に上手かったので
あぁ、これは白レンの起き攻めとか喰らってる感じだな
という印象を持ちながら対戦してた次第
満月ツクヨミ
ミネルヴァ
ジェネシスレギオン



Ⅳ.友人N君の場合
最近ではブレイブルーで対戦することがいい友人
メインキャラはBBはラグナ、UNIではゴルドー
基本的にそのキャラのリスクの低い技を効果的に振り
相手にプレッシャーを与えつつ、決めるときに
バシッとフィニッシュすることに特化しているというのが私の考察。
そんな彼はVGでは「かげろう」「シャドウパラディン」
どちらのクランも相手への重圧、パワーラインともに優秀で
かげろうだったら退却、シャドパラだったらガード制限と高パワー
相手の場や手札に直接リスクを与えるその様は
GFからの高ダメージ、アシミレイションのGID吸収等に
非常に似ていると私は思う次第だ。
ジエンド
ザクロス
ファンブラディアボロ



Ⅴ.友人M君とエンジェルフェザー
さて、きっかけとなった友人M君
彼はメルブラではF制服F姫、UNIではユズリハ
そのゲームにおける「玄人」とでも言えばいいのだろうか
かなり特殊な動きを使いこなし翻弄するタイプ。
当たり前だが、練習も怠っていないが故だろう
というのが私の考察。
そんな彼がエンフェを使う、結論だけを言えば、合ってる
というのもエンフェは他には有り得ない位ダメージゾーンを利用する。
ダメージゾーンとはそこに6枚カードが置かれたら負けなのだが
そこに置かれるカードによる展開、パワーパンプが主なので
ざっくり言うとめちゃくちゃむずいwww
が!近年のエンフェはダメージゾーンに送るカードも優秀
パワーパンプは同じパワー系(と思われる)ディメンジョンポリスを
上回るレベルとなっているので
正に「使いこなせば強い」の代表格であり、強さもピカ一。
是非彼にはそのままエンフェを通じでVGに興味を持ってもらい
一緒に遊べればいいな、と思う所存。
ちなみに余談だが、エンフェはお姉さん的な絵が多いので
その辺でも興味を持っていくのがありだと思う。
俺も「可愛いカードあるじゃんww」で始めたからね、ヴァンガード。
ナース・オブ・ブロークンハート
ガウリール
ラファエル




Ⅵ.肝心の砂利ガニ君は?
友人を(勝手に)出汁に使っておいて自分はなしという訳にはいかないだろう
ということで自分こと砂利ガニの事故・・・もとい自己考察。
格ゲーにおいてはBBはテイガー、UNIではワレンシュタインを使用。
どちらも投げにメインウェポンがあり(ワレンはちょっと違うかな?)
そのワンチャン力で(運すら絡めて)圧殺する・・・それが自分の格ゲースタイル。
そんな俺の使用クランは・・・
2万パワーで七回殴りぃ!
ガードを削って磨り潰す!!
その姿は正に
「ヴァンガード界のワレンシュタイン」

スパーーーイク!ブラザーーーーーズ!!
バッドエンド
オーグルレギオン
そしてぇ!
4万パワーで一発KO!
ガードも貫き押しつぶす!!
その姿は正に
「ヴァンガード界のアイアン=テイガー」

ディメーンジョーン!ポリィィィィス!!
次元ロボレギオン
シンバスターレギオン
・・・いや、これがやりたかっただけだろ?www
と言わんばかりの文章構成である、ちなみに違いますw
割と考えてたんだけど冷静に考えると
「この記事ってVGと格ゲーどっちも知ってないと楽しめないよな?」
と書きながら思ってしまいまして、逆に言えば
「どっちも知ってる人だったら大笑いするオチつけたろ」
ってなんた結果こういう書き方になりました。
まぁまじめな事を言えば、今のワンチャン大好き人間の
自分にとってはこのクラン及びデッキは
合っているとは思います。



Ⅶ.終わりに
もちろん「可愛いからこのクラン」とか「強いクランが知りたい」
っていうのでデッキを組むのもあると思います。
それは格ゲーで言う「このキャラ好きだから使う」
「強キャラってどれ?」と言ってることは同じだと思いますし。
なので最終的には自分が決めた自分が使いたいものを使う
という大前提で遊ぶのが一番です。
ただ、その上で格ゲーを齧ってる手前
その視点からヴァンガードを語ってみたかった。
今回の記事はそんな感じです。
少しでも格ゲー、そしてVGに興味を持ってもらえたら幸いです
以上(`・ω・´)ゞ

カテゴリ: 雑記

テーマ: カードファイト!! ヴァンガード - ジャンル: ゲーム

tb: 0   cm: 0

「ポケモンの型から学ぶロリキャラ考察」 

ということでね、ツイートで書いたら8、9回に跨ぎそうだから
久々にブログの肥やしにしようと思います。砂利ガニです。

今回はねロリコン論文企画第2回
「ポケモンの型から学ぶロリキャラ考察」
をしたいと思います。

Ⅰ.はじめに
まずはじめに、ポケットモンスター所謂ポケモンは
手に入れたポケモンを育成し対戦するゲームです。
そのポケモンの育成方法と言うのは千差万別、十人十色
一匹のポケモンでも様々な育成論があります。
そして、アニメやゲームに存在する幼女
所謂「ロリキャラ」にも様々なキャラクターがいます。
今回なんと「キャラの属性」を「ポケモンの育成型」で
解説できると事が判明しましたので・・・
全てではありませんが、ここに記していきたいとおもいます。

Ⅱ.ガチ両刀ロリ
ガチ両刀とは攻撃に依存する物理技
特攻に依存する特殊技
それらをどちらも使い分けて、物理受けには特殊を
特殊受けには物理をと対応していくポケモンの育成論です。
また、「努力値振りによる耐久力を上げることを捨て
攻撃・特攻どちらにも振り、両方を使い分ける」
ポケモンの育成論でもあります。
これをロリキャラに置き換えると
「姉属性や他の属性に受け入れてもらえることを捨てて
ロリコンだけに受ける事に特化したロリキャラ」
ということになります。
ちなみに該当キャラは朝霧麻衣(夜明け前より瑠璃色な)
千歳佐奈(天神乱漫)・水坂憐(BALDR FORCE)等です。
これらのキャラに該当するのは
「妹・守ってあげたくなる要素強め」のキャラクターという事ですね。
しかし、当然ですが他の属性の方には受けないことが多いので
好きキャラの話をする時に噛み合わなくても落ち込まないようにしましょう。

Ⅲ.ビルドアップ型ロリ
ビルドアップとは「攻撃と防御を1段階ずつ上げる技」です。
つまりロリキャラに置き換えると
「身体的特徴が成長することでロリコンだけでなく
 少し大人の属性にも受けることを目的としたロリキャラ」のことです。
これらのキャラの該当するのは
藤村静(この青空に約束をー)・クレア(デュエルセイバージャスティス)
等ですね。
これらに共通するのは「EDによるギャップ」ですね。
EDで成長した姿で主人公を迎えるや
主人公を待つ姿等で新たなる層を獲得することが予想できます。

Ⅳ.瞑想型ロリ
瞑想は「特攻と特防を1段階ずつ上げる技」です。
つまりロリキャラに置き換えると
「精神的成長により内面的に大人になったことにより
その内面に惹かれてロリコン以外にも受けることを目的としたロリキャラ」のことです。
これらのキャラに該当するのは
風祭みやび(遥かに仰ぎ、麗しの)、マリナ(エンゲージリンクス)
桜乃悠(はるのあしおと)等ですね。
このタイプはかなり特殊でシナリオに依存します。
がそのシナリオがしっかりと成長を描いていればいるほど
よりキャラクターに惹かれる人が多いと思います。

Ⅴ.最強のロリキャラとは
まず最強のポケモンとは?そいつは誰か?そうガブリアスです。
ガブリアスというポケモンはその強さも相まって型も非常に多いです。
更にその型の全てが強力で、プラチナで初登場し
現在でも数多くのポケモントレーナーの中で強いと言われているポケモンです。
これをロリキャラに置き換えると
「どんな観点から見ても全ての二次元ユーザーに受ける要素のあるロリキャラ」
そう・・・イリヤスフィール・フォン・アインツベルンです。
彼女はその体系からロリコンに受けるだけでなく
本編3週目のラストで大人びた様子をみせつつ
日常パートはお兄ちゃん光線爆発
プリズマ☆イリヤで更にロリコン釣り度が加速したとのこと・・・
とまぁ、数多くの方を持っていて更にはヒロインではないにしても
かなり重要なポジションを任されています。
以上のことから、最強のロリはイリヤ
つまりイリヤ=ガブリアスという数式が成り立つのです。

Ⅵ.最後に
以上の文章は勢いで出てる駄文です。
本気で読まずに流し読みで読むくらいが丁度いいでしょう。

カテゴリ: 雑記

tb: 0   cm: 0

徒然なるままに砂利ガニ、ゲームに向かいて・・・ 

ブログを書くことを怠るの巻。

あけましておめでとうございます!!

皆さん、新年はいかがお過ごしでしたか?俺は
仕事ゲーム仕事ゲーム仕事ゲーム・・・
こう書くと非常につまらなそうな人生なのがいかんですねwwww

実際は、仕事は楽しいし
ゲームも特に対戦ゲームは色々と勝利に繋がる行動とかもてれてきて
最近はwkwkしながら生活しています(ブログ更新を忘れるくらいには)
さて・・・ここ最近は今年の目標的なものを1月の記事で書く事が多かったわけですが
今年はもう『痩せる』
もうこれ以外有り得ないんじゃないですかね?
う~ん・・・カラオケで踊るにしてもいよいよもって
不恰好「すぎる」奴が踊っているのは非常によくない!

あぁ、それに付随して今年は『歌詞を見ないで歌って踊れる曲』を
カラオケにおいて増やせればいいですね♪


ふむ、ブレイブルーが熱帯で7段に昇格したり
幻想人形演舞というゲームにはまってたり
スーファミのジャンク35本開封枠が伝説を生んだり
ここに書いてないだけで、生放送や友人との遊びで
色々といらん伝説が生まれているので
そうだね・・・今年こそは(もうすでに更新怠ってるけど)
ここのブログで、より詳しくお話できればいいななやんと思います
では、改めて2015年

ことしもどうか
   よろしくお願いします!!

カテゴリ: 雑記

tb: 0   cm: 0