09« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»11

一人旅はラノベが進むその3「旅に出よう、(以下本文にて)」 

前2冊とはちょっと一線を画す作品かもしれませんね
砂利ガニです

さて三冊目、一人旅で読み終わったラノベ最後の一冊は
「旅に出よう、滅びゆく世界の果てまで。」です。
うん、表紙を載せたいくらい、表紙の絵とタイトルがミスマッチな作品
まぁ、どういう意味かって言うと、それだけ絵が質素で素敵
方密さって言う絵師さんか~・・・チェックしとこ~
で、肝心の内容ですが
「『喪失症』という謎のものが蔓延した世界でとある少年と少女が
スーパーカブ一台で世界の果てを目指す」です。
いや・・・ホントにそれ以上でもそれ以下でもなくってですね~
旅の途中で出会う、農家の人・飛行機を作る人・医者・病気の女の子
それらと触れ合う少年と少女のお話なんです
ただ、この喪失症というのがあるだけでこんなにも
何かを考えさせられる話になるのか!とね
人が生きている間に何かを残す際に
果たして「自分が認識されない世界」で何かを残せるのだろうか
「自分が認識されないのでは何も残らないのだろうか?いや違う」
このいや違う!に挑む少年と少女のお話

だ~!!!まとまらねぇ!!!いや、でも伝わったかな?
まぁ、興味があったら読むのがいいよ・・・結局はソコに行き着くさね
(`゚Д゚´)ゞ以上!! 


追記
ちなみに三冊の中ではこれがやっぱ一番(゚∀゚)ラヴィ!!かな~
ちょっと特殊な作品敬遠する人多いみたいだけど
そういう作品こそ名作があると思います
スポンサーサイト

カテゴリ: 書籍(小説)

tb: 0   cm: 0

一人旅はラノベが進むその2「緒田信奈の野望」 

こういう娯楽小説ももちろん読みます
砂利ガニです・・・ぶっちゃけ絵買いですけどね~(;^ω^)

さて、前回から続く三冊読み終わったので紹介するよ、のコーナー
今回は「緒田信奈の野望」
目が覚めたら戦国の合戦真っ只中!!!
そんな主人公の目の前で死んだ武将の名は「木下藤吉郎」
なんと!主人公はそのまま豊臣秀吉の代わりをすることに!
しかし、なんと武将が全て女だった!!!?
・・・最後の一文だけ読んだら、どこの恋姫・・・ゲフンゲフン
どこの戦極・・・ゲフンゲフン
でも、三国より興味がある戦国(前者のことww)
別にバグなんてあるはずがない小説(後者のことww)
そして、絵はなんとあの「みやま零」様!!

まぁ、読みながら「お?これ事実と違うな~、これが今後どう話の
テイストになるんだろ~」と楽しめるというのもたまにはいいですね☆
とりあえずどっかの貂蝉と違ってねねとかもちゃんと女性でかわいいです(;゚∀゚)=3
戦国に俺好みの萌え要素が入ったものないかな~?
と願っていた私の願いをガッツリ叶えている作品と言えますね!
一味違う萌え戦国時代を味わい人にはお勧めの一品です
(`゚Д゚´)ゞ以上!!

カテゴリ: 書籍(小説)

tb: 0   cm: 0

一人旅はラノベが進むその1「とある魔術の禁書目録Ⅲ」 

平均行き帰りで3冊ってとこです。
砂利ガニです

さて、前々回のメルブラ武者修行は一人だったわけですが
そういう時はラノベを数冊持ち込んで電車で読むのが
いつもの私です。
今回は折角なので読み終わった三冊を紹介でもしようかと思います。
まず、アニメ二期も好評な「とある魔術の禁書目録Ⅲ」
美琴と一方通行のお話
上条さんの説教タイムがいつにも増して激しいですね!
上条さんまじぱねぇっすwwww
最強であることが弱点だなんて誰が予想しただろうか!?
怒りの鉄拳炸裂の第三巻!!!

アニメ・ゲームが先行だった場合原作に手を出す
砂利ガニにはよくあることですが
これは原作もイイレベル!
特に恋愛色の強いものをより好むノベルゲーと違い
事件・バトルモノをより好むラノベでこれはやはり( ・∀・)イイ!!
早速あとで四巻を買ってきましょうかね?
(`゚Д゚´)ゞ以上!!

カテゴリ: 書籍(小説)

tb: 0   cm: 0