01« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.»03

お手伝いしました 『【動画】ELECTRICAL COMMUNICATION(5回目)』 

最近「砂利ガニのゲーム日誌」とかいう生放送で
面白かったことをキャプチャして投稿するシリーズ
ばっかだったので「動画編集」は久々でした。
砂利ガニです。まずはこちらを見ていただくのがいいですね♪↓


(V)・∀・(V)<ELECTRICAL COMMUNICATION
歌ってみぱん。(Ver.2018歌い初め)



ということで姉ちゃんことかにぱん。さんがロックマン8のOP
「ELECTRICAL COMMUNICATION」を歌ったとのことです。
歌やきっかけに関することは
姉ちゃんのブログの記事にジャンプしてもらえればいいかな、と思います。
(↑をクリックで記事にジャンプ!)
歌詞の中にある英語の発音に関することとか個人的にお気に入り♪



記事にもありますが、実は年が明ける前に話をもらってまして
2017年はロックマン8発売20周年だったとのことです。
話をもらってそのままロックマン談義をしつつ
動画の相談はしたのですが、諸々の諸事情で
年明けに動画を渡すことになってしまいました。
そんな姉ちゃんは、渡した翌日に全力で録り直しを行った模様で
本人も言ってるハイパー生産性はすげぇなって思います。
ちなみに調べたら
・プレステ(以下PS)版は1996年12月17日
・セガサターン(以下SS)版は1997年1月17日
年跨いでPS版のリメイクが出てたんですね。
出来れば20周年でうpしたかったんだよな~。
こればっかりは申し訳ない!ごめんね、姉ちゃん。
ちなみにロックマン8の思い出と言えば
PS版購入前、姉ちゃんが進学で実家を離れた際に
SSを持って家を離れたんですね。
その姉ちゃんの家に遊びに行くたびに
ロックマン8をはじめからスタートし、帰るまでの
間にどこまでクリアできるか、みたいなレベルで
一心不乱にロックマン8で遊んでたのは覚えてます。



さて、過ぎたものは仕方がない。(内心で、とても反省)
動画の話でもしていきましょう、もちろんロックマン話もね。
昨年「ロックマンクラシックスコレクション2」なるものが発売しました。
これは「ロックマンクラシックスコレクション1」の続編にあたり
ロックマン7~10が一本に収まっているソフトです。
ちなみにコレの何がすごい&即購入を決めさせたかというと
ロックマン7とロックマン8です。
所謂『元祖シリーズ』と(俺が)よく言ってるシリーズですが
1~6はファミコンで出た後にPS版
更にはそのPS版がWiiやPS3のDLCということで
ファミコン世代じゃない人でも比較的気軽に
入手とプレイが出来る環境にあります。
ですが、ロックマン7となるとなんとSFCで出た後は
長らくリメイクがなくWii等のVCで配信が最新でした。
つなり、SFC以降ソフトとしてのリメイクがない中
今回SS、PS、どころかPS3もぶち抜いてPS4・Switch等で
リメイクとなった訳です。
今回の題材のロックマン8も、SS版以降はリメイクはなし
それどころかDLC系統の配信すらなかったので
この2本、更にはDLCだった9、10が入った4本。
それが最近ハードであるPS4で遊べるとなれば
買わない理由はありませんでした。
今回の動画もこのクラシックスコレクション2をプレイし
曲とのイメージを考えつつ、動画編集しました。
余談ですがクラシックスコレクション2に収録されている
ロックマン8はPS版に該当するので、後のSS版にあった
隠しボスのカットマンやウッドマンはなく
タイトル画面の裏技でギャラリーモードに飛んで
ラフ絵やゲーム内ムービーを自由に閲覧できる
裏技もありません。そちらから触れた俺としては
ちょっとだけ残念(´;ω;`)



どんな動画にしてもコンセプトから考える砂利ガニ。
今回は「ロックマン8 総集編MAD」
をコンセプトに場面場面をキャプチャー編集しました。
では場面場面で取り上げていこうと思うます♪


・ローディング画面
この動画についての姉ちゃんとの談義の時に
実際にロックマン8のプレイを見せながら話しました。
そこで中ボスを撃破したときに出たローディング画面で
姉「あ、ローディング画面いいね!動画の最初に入れよう♪」
という話があり、ローディング画面からスタートとなりました。
「動画読み込み中」という正にローディングを演出できるので
「うむ、さすがの発想だな」といった感じです。

・前奏~Aメロ終わり
曲の尺はフルということで前奏が既にOP版と違います。
ストーリーの時系列をなるべく崩さないのが大事と思い。
ロックマンの各パーツがフェードイン&アウトするシーンに
ゲームスタートで最初に流れる
青いオーラを纏ったロボVS紫オーラのロボのシーンを
切り貼りで差し込みました。

・Aメロ~1番終わり
そもそものロックマン初の「アニメーションOP」
これへのリスペクトは非常に大事という事で
一番はそのままずばりOPを使うことにしました。
ゲーム内で流れるムービーは全てで4つ。
それらを組み合わせても十分に尺はあるのですが。
1~7までの歴代キャラが出ているうえでの8!
という雰囲気がこのOPの映像としての大好きポイントなので
「一番はこのままいこう!」と決めました。
ただ、歌の最後もそのままにしてしまうと映像が終わってしまうので、
最後のロックバスターを構えるシーンは後に回して、
先ほどの宇宙空間の二体のロボットが
地球に墜落するシーンに繋げて、本編スタート!をイメージしました。

・2番Aメロ前半
先ほどのロボット墜落シーン、一方そのころ地球内では
ロックマンとフォルテが戦っていました。
フォルテと言えば7で初登場し、その後
何かにつけてロックマンの前に立ちはだかるライバル的存在。
ですがロックマンの「こんな戦いは無意味だ!」という言葉に
何か思うところがある・・・ようなキャラなので
「気がついている、悩んでいる」でフォルテのシーンを
入れようと思いました。

・2番Aメロ後半
今回プレイ動画を差し込む際に拘ったのは
「苦戦しつつも進んでいくロックマン」です。
上でも話したようにそれこそロックマン8は何十回とクリアしてる
と思います・・・たぶんww
本気で頑張ればノーミスクリアとかも出来る!
とか言ってみたい程度にはやってます。
ですが、実際にやってみると難しいのもまたロックマン。
その難しさはステージの特殊なギミックが物語っている!
ということで初めてプレイした頃を思い出し
どこに出るのか分からないクラウンマンの?ボックスゾーンと
ジャンプとスライディングのタイミングがかな~~りシビアな
スケボーゾーン、更にはそのスケボーゾーンでミスをする。
ということで「君がどこかに 遠ざかる」に当てはめました。
どちらもロックマン8特有のステージギミックです♪
本当は時系列に合わせてフロストマンステージのスケボーシーンの
予定だったのですが・・・こういう時に限ってノーミスで出来ちゃいましてw
結果、より難易度の高いワイリーステージのスケボーシーンを採用しました。

・2番Bメロ前半
ロックマンと言えばボス戦。ロックマン8は
前半4体後半4体というステージ構成をしています。
ロックマンというゲームはボスを倒すことによって
そのボスモチーフの特殊武器を入手できます。
それによりステージの隠し要素を発見したり、
ボスの撃破を簡単にしたりできます。
ちなみにここでの拘りは「強敵感と克服」です。
テングマンのトルネードホールドに捕まり踵落としを喰らう。
グレネードマンやクラウンマンは弱点武器でキリキリ舞い。
フロストマンの強力なアイスウェーブは回避。
以上のように「弱点使って無双うぃ~~~www」だけでなく
ボスサイドのカッコイイ部分も持ち上げて見たかったので
それぞれのシーンを取り上げました。
あと一つ拘りポイントがあるんですが、それは歌後半にでも♪

・2番Bメロ後半
ここで前半4体を撃破したときに流れるムービーへ。
2体のうち1体を回収、修理したロックマンとライト博士。
そしてボスを撃破する度に手に入るドクロのエネルギー。
謎のロボットは目を覚まし、そのエネルギーを見た途端に激昂。
研究所の屋根をぶち破り、飛んで行ってしまいます。
・・・修理費

・2番サビ
その後ロックマンはそのロボットを追いかけ戦闘。
相手は青いオーラを纏った「デューオ」というロボ。
悪の為に戦う正義のロボットのようです。
というシーンを入れてしまうと、尺がまずかったので!!
その後のロックマンと和解し、デューオが巨大ロボを撃破。
悪のエネルギーの説明を受け、再び戦いに向かうシーンを
取り上げました。ロックマンVSデューオももちろん見所なのですが
「実は2体の内1体は正義の味方だった」
というシーンをしっかりアピールしたかったのです。

・2番間奏
デューオイベント後に後半4体が出現。
それぞれのステージの見どころとVSボス戦。
特に最初のサーチマンステージのトルネードホールドで上がり
サンダークローでターザンしていく部分は
トルネードホールドを設置したのちにスタートボタンを押して
武器を切り替えると竜巻は消えてしまいます。つまり・・・
トルネードホールドを設置→竜巻で上昇
している最中に!LRで武器をサンダークローに切り替えて
杭にしっかり咥えさせる、というプレイが要求されます。
LRによる特殊武器入れ替えはロックマン7以降
そしてXシリーズでは常にある機能ですが。
ステージ攻略としてその機能を使うのは割と少なかったりします。
後は水柱で攻撃を防ぐアクアマンや
アストロクラッシュで姿を消すアストロマンの強敵感と
サーチマンの隠れ蓑を燃やしたり、ソードマンの怯みで克服。
ここも前半4体同じく「強敵感と克服」をイメージしました。
そしてここで先ほどのお話しなかった拘りポイント。
ロックマンのボス撃破による特殊武器は
「Aの武器でB、Bの武器でC」と最終的にAに戻り
弱点が一周するようになっています。
中には「A→B→C→D→A」と「E→F→G→H→E」と
4体でループしているシリーズもありますがね。
ありますがね・・・というかこのロックマン8がそうだけどね!
ということで実はボスとの戦闘シーンですが
わざと「弱点順ではないよう」にしました。
何故、弱点順ではないのはそれは、この後の
Cメロでその弱点順が活きる編集をしたかったからです。

・Cメロ前半
それがこのシーン「武器取得画面ラッシュ」だあああ!
ステージクリア後に出てくるセーブ画面前の武器取得シーン
実はここが「ボスの弱点武器順」になっております。
ということで弱点順を知っている人は今までのボスのシーンを見て
「なんか順番グチャグチャだなぁ」と思った人がいるかもしれません。
・・・いないか?まぁいいや!!ww
しかし、ここで弱点武器取得シーンを弱点順に並べることで
「分かってるZE☆」感をマシマシにしてみたかったのです♪
武器取得シーンはテロップが一瞬光るので
ソコと曲を合わせるようにしました。絶対ズレてほしくなかったので
今回一番気を遣ったかもしれませんw

・Cメロ中盤
ロックマン8の醍醐味と言えばステージに転がっているネジ。
それを集めることで強力なパーツを手に入れることが出来ます。
7の時と違ってネジの数は決まっており、E缶等を交換するわけではなく
一つ一つが強力なパーツを交換しステージを有利に進めるシステムです。
個人的には相手にヒットした後に拡散するアローショット
特殊武器のエネルギーを多くするエナジーセイバーは
かなり有効なアイテムです。
余談ですがロックマン8のロールちゃんって歴代の中でも
ぶっちぎりの可愛さだと思うんだ!この研究所を出るときも
「頑張ってね、ロック!」って励ましてくれてめっちゃ可愛いです♪

・Cメロ後半
さて、最後のサビ前8体のボスも倒しパーツも購入。
いよいよワイリーの基地に突入というシーン。
実はこのシーンは前半4体を撃破したときに流れる
デューオの戦闘シーンの直前のアニメーションだったりします。
ですが、この飛び込むシーンを切り抜くことによって。
あたかも「8体倒してワイリーステージだ!」という風に
シーンを切り貼りしてみました♪時系列が合ってないけど
時系列を合わせるマジック。そしてアニメの基地から
ゲームの基地のグラフィックにシーンチェンジ!
どちらも基地を上から見ている角度だったのと
この後のサビはゲームシーンになるので
それにスムーズにいくような編集を狙ってみました。

・サビ1
ここからで大事にしたのは「疾走感」です。
ワイリーステージは全4つ。その内3体のボスと宿敵フォルテ。
ここまで進んできたロックマンであれば苦戦ではなく
平和の為の邁進だ!というのを表現したかったので
各ボスの弱点を的確につくシーンをピックアップしました。
あ、フォルテだけはやっぱライバルだからね。
しかもこのフォルテは今回の肝になっている
悪のエネルギーを取り込んだスーパーフォルテだからね。
相手の攻撃を躱すことで「拮抗」みたいのを表現しました。

・サビ2
カプセルをくぐった先には悪のエネルギーで拘束を狙っていたドクターワイリー。
絶体絶命のピンチに駆けつけるのは正義のロボットデューオ!
そして始まるVSワイリーマシーン8号。
パターンの読み難い車輪攻撃。
発射を止めないと大ダメージ必至の巨大レーザー。
更には連続で喰らいダメージが蓄積していくエネルギー弾。
そしてそれを乗り越えた先のVSワイリーカプセル。
エネルギー弾を打ちつつ、そのすぐ姿を消す正にラスボス。
しかし、ロックマンを平和の為に諦めることなく
遂にワイリーカカプセルを撃破!ワイリー土下座!
いつもだったらここで終わるロックマン。
しかしロックマン8はここで終わりません!!

・サビ3~ラスト
破壊したワイリーカプセルから出現した悪のエネルギー。
それは正義の心を持つロックマンに牙をむきます。
悪のエネルギーに囚われて意識を失ったロックマン。
それを救うべく、デューオはロックマンの治療を始めます。
その作用でデューオが見たのはロックマンの記憶。
ということで、ここからはエンディングムービーです。
ロックマンはいままで地球の為、正義の心を持って
戦ってきました。それを見たデューオは
「君がいれば、この星も安心だ」と笑顔を見せます。
駆けつけるブルースに伝言を残すデューオ。
治療の甲斐あって、意識を取り戻すロックマン。
抱き着いて喜ぶロールちゃん(可愛い)

デューオがロックマンに残した言葉、それは「ありがとう」
平和を迎えた夕焼け空に帰っていったデューオを思うロックマン。
そしてここで本来のOPのラストを持ってきて〆!!
正義のロボットロックマン、影から見守るロボットブルース
宿命のライバルフォルテ、そして宇宙からのもう一人正義デューオ
これにて
「(V)・∀・(V)<ELECTRICAL COMMUNICATION
歌ってみぱん。(Ver.2018歌い初め)」

終了でございます♪



今回この動画を作るにあたって、一つだけ今までと
違う作業をしました。それは
「歌詞に合わせて、入れたい映像を文字化する」です。↓
字コンテ一部
今回はロックマン8ということで
「どんなゲームか、どういうシーンがあるか?」は
ほぼすべて頭に入っていました。
なので曲のイメージを損なうことなくゲームの映像を入れたい。
その上で総集編っぽく作成しロックマン8の良い部分を伝えるような
動画にしたいという思いがかなり強かったです。
曲に合わせて的確にというよりかは
曲に合わせつつ、入れたいシーンは全部入れるがとても大事なことでした。
なので先にピックアップするシーンを決めることにしました。
結果としては無駄な録画は抑えることが出来たし
頭の中でイメージした動画になったので
今後もこういった動画を作る時は、やってみようかな?と思った作業でもあります。


ということで何と姉ちゃんは今回で5回目の歌い直しとのこと。
その5回目にして動画付き、それを担当できたのは
とても楽しかったし。なにより姉ちゃん自身にも好評だったので
やってよかったなぁ~、と思いました。
「動画を見て、歌いたくなった」はホントに作った甲斐ある有難い言葉ですわ。
この動画の視聴はもちろん
そこからロックマン8、引いてはロックマンシリーズを遊んで頂きたいですね。
1~10の元祖シリーズはもちろんXシリーズ
更にはダッシュにゼロやエグゼ、流星のロックマン等もあるのでね
俺も遊んでると言っても全部が全部ではないですからね。
でも、ほとんど遊んでると言える元祖シリーズとXシリーズは
ホントに面白いからね。それこそ何十回とクリアしちゃうくらいにはww

以上!(`・ω・´)ゞ動画の事なのかロックマンのことなのか
ごっちゃで正に雑記になってしまったねw読みにくいかな?申し訳ないm(__)m
改めて、かに姉ちゃん。うpおつです♪
スポンサーサイト

カテゴリ: 動画

tb: 0   cm: 0

砂利ガニのゲーム日誌 17.11.18「DQ5 モンスター縛りでエスターク」 

1/256はやばいな~・・・砂利ガニです。
ちょこちょこ雑談で遊んでいたDQ5もこんな状態まできました。↓


といことで遂に仲間難易度トップクラスのキラーマシンを仲間にした一行。
せっかくだし挑んでみるか!ということでエスターク討伐へ。
このセーブデータはミルドラースもモンスター縛りで倒してるんで
エスタークもそれで行こうと思います。メンツにそこまでの変化はなし。
強いて言うならロビンが加わったので火力が上がってるかな♪
ということで、どんな風に戦ったかは、動画をどうぞ!
いや、ホントに倒すだけの動画だからさw
以上(`・ω・´)ゞ

カテゴリ: 動画

tb: 0   cm: 0

砂利ガニ人生初のロマサガ3 VSラスボス 

さぁ、四魔貴族もすべて倒しましていよいよラスボスです、砂利ガニです。
そもそも主人公がサラなのには英雄がありまして。
一番好みだったのはもちろん
「初見でサラは詰むよ」っていろんな人に言われたんですよね。
でもさ、それを俺に言うってことはさ・・・やれってことだよねwww
と解釈した結果がこちらになります。


VSラスボスNG集↓

詰みかけたwww
実は話の展開として予想は出来ましたが
ラスボス戦でサラが離脱→強制的にコマンダーモード!?
ぞうとか斧・棍棒レベル1だよ!(なんでその状態でアビスきたし)
それに始まり
陣形の変更し方がわからない・防御とか何?・バックパックて!?
えっと、ラスボスの強さよりもコマンダーモードによる
初見殺しが半端なかったです。
まぁ、これを薄々予想してた&味わいたかったから
ここまで一回もコマンダーモードで遊んでこなかったのはある
そしてこの動画で挑戦した分、学んだ結果がこちらになります。



まずは、アシッドスプレーやメガサクションが痛い序盤
虎穴人で耐えながら防御で慎重に攻めます。
出来ればバックパックは使わない方向性で。
そしてトータルイクリプスによる闇の翼発動。
ここから後半戦、鳳天舞に切り替えて陣形中央は雪だるま
なんとこうすることでカオスディザスターの火炎・冷気は0ダメージ
物理攻撃系はスパイクシールドで防御
フェイタルミラーに対しても対策となりました。
そして陣形を鳳天舞にしたことで前衛はエックス攻撃発動
後衛は回復や隙あらばようせいが攻撃!
なんと・・・倒すことができました!
ということでなんとか初見殺しを乗り越えてロマサガ3クリアでございます。



さて、初めてのロマサガ3で微縛りしながらクリアしたわけですが
ED後にリスナーさんと相談した通り
今度はモニカ主人公で改めて「女性・人外で斧・棍棒縛り」で
やろうと思っております。
生命の杖の使用本数に制限をかけたり
今度こそ真・破壊するもの(アビスの魔貴族を倒さないでラスボス戦)を倒す等々
今回と似てるけど少し違うロマサガ3縛りプレイを
後々やろうと思っていますので
そちらはそちらで楽しみにしていただければいいかな~と思います。
今回は腕力高いキャラをヨーヨー要因にしたり(本来だったら杖で殴ったりじゃね?)
攻撃系のキャラに生命の杖を持たせたり
みたいなプレイングもあったので、その辺も教訓にしつつ
次回プレイも頑張ろうと思います。尚、いつかは未定です!ごめんね!!
以上(`・ω・´)ゞ まずはED見られたことを喜びたいと思います♪

カテゴリ: 動画

tb: 0   cm: 0

砂利ガニ人生初のロマサガ3 VS真・魔貴族 

先日に無事に人生初ロマサガ3をクリアしました。砂利ガニです。
実は実況プレイとかで見てはいたゲームですが
「いつか自分もやることあるだろうし、EDは見ないよ!」みたいな
感じで動画を見てたりしたので
やはりEDは感動でした。動画の人も主人公はサラじゃなかったから
EDは違うかもですけどね(主人公が違うから未だにその動画のED見てないw)

さてさて、今回のロマサガ3、というかロマサガ3というゲーム
途中からではありますが「女性・人外」縛りが可能という事で
サラ・タチアナ(名前はエクレア)・ようせい・雪だるま・ボストン
で六人目にゾウで遊んでみました。
折角ニコ生とかで遊んでるんだし
「こういう遊び方をしてる人と言えば!!!」みたいなアッピルがしたいなぁ
みたいな気持ちがね・・・あるかないかで言えばあるわけで
それが「RPGを女性・人外でやる」なのがアッピルになるかどうか
という話をすれば・・・まぁ、微妙でしょうね(;´・ω・)
いいんです!それで遊んでると俺が楽しいから
ちなみにその上今回は武器を「斧・棍棒」に縛って遊んでみました。
強いよね、ヨーヨー。大事だよね生命の杖!

なんか縛りプレイとかニコ生の事とか語ってたら長くなっちゃった、本題!
折角やったのに何も記録しないのは勿体ない
という事でアビス突入後の真・魔貴族戦とラスボス戦は動画にしました♪
ということでその報告記事なんです。


真・魔貴族Ⅰ

アラケス戦は大回転はブレードロール見切りで対策しました!
が!それ以外の対策がガバガバで地震と最強打で大変でした(´;ω;`)
力と力のぶつかり合いですわ!
フォルネウス戦・・・魚鱗も湖水のローブもマシマシなんですわぁ
あ、ぶちかましはちょっと・・・あとHP高いよな~

真・魔貴族Ⅱ

フォルネウス戦からアウナス戦だから装備が真逆なのよねw
その準備が大変だよ・・・と言いたいところですが
水対策と違って炎対策の防具ってあんまそろえてないやww
という事で見切りを切り替えてGO!
こいつも地相で999回復しますが、HPが低めなのが救いですね♪
さて、凝視見切りはようせいだけ、アースライザーは痛い
トリニティブラスターはどうしよう、まず間違いなく準備不足なのは
最期に残ったビューネイ戦です、((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル
言うていつまでも震えていてもしょうがないので
陣形を鳳天舞に変えて前衛二人を物理高め
凝視を中央のようせいに寄せることで乗り切ります。


では次のラスボス戦の記事でお会いしましょう
以上(`・ω・´)ゞ

カテゴリ: 動画

tb: 0   cm: 0

砂利さんのいつもの遊び「ログインしたそうですシリーズ」 

バハラグの記事も書きますがこちらもうpしましたのでね。
砂利ガニです↓


パルスを聞いた時から
「あれ?サビこれじゃね!?」とは思ってました。
で、いつものやつですね。
「誰もうpしてなくね?作るか~www」ですw
サビもやっぱ合いましたしね。以上
最近はツイッターにも遊びでこういう動画をあげ始めました。
やっぱ単発ネタだからね。そういう方法もありかな~って感じです。
以上(`・ω・´)ゞ

カテゴリ: 動画

tb: 0   cm: 0