05« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»07

砂利コラム『格闘ゲームから考察するヴァンガードの適正クラン診断』 

Ⅰ.はじめに
この記事は私砂利ガニが、格闘ゲーム(2、3種類)とヴァンガードを遊んでいる時に
ふと浮かんだ勢いだけで考えた雑記です。
あまりにも的外れ・・・ということはないと思いますが
よりどちらもをしっかりと理解してる方が読んだら
「いやいや、ちげぇだろwww」みたいな意見は出てくると思います。
ので!まぁ・・・気軽に読んでください。
あと、参考考察例として、一部友人の話が出てきますが
その友人方に一言だけ・・・ごめんね?www


Ⅱ.きっかけ
まぁ、そもそものきっかけはとある友人M氏が「エンジェルフェザー面白そう」
との一言がきっかけです。
彼も色々格げーをやっていて、もちろん対戦もするんですが
その格げースタイルとエンジェルフェザー(以下エンフェ)の
デッキギミックがですね、なんというか・・・親和性があるというと感じまして。
もちろん可愛いカードがあるからって理由からも釣れたんですが
ちょっと他の友人の格ゲースタイルとヴァンガード(以下VG)の使用デッキで
その親和性を考察してみようかな?と思いました。
あ、自分のは最後に書きますwww


Ⅲ.友人H君の場合
僕にVGを教えてくれたH君。最近ファイトしてないけど
またカラオケとか行ったときにたまにはやってみたいZE☆
そんな彼はメルブラではF白レン、UNIならリンネ
徹底したリスク管理で、試合開始から試合終了までのプロセスを
相手に当てはめてそのまま倒しきるタイプというのが私の考察。
そんな彼はVGでは「オラクルシンクタンク」「ジェネシス」を使用。
特にツクヨミオラクルはデッキ下にカードを順番にしまう
いわゆる「積み込み」がギミックなので
どのカードをどう積み込むかで防御も攻撃も決まってくる。
その積み込みからのガードと攻撃が非常に上手かったので
あぁ、これは白レンの起き攻めとか喰らってる感じだな
という印象を持ちながら対戦してた次第
満月ツクヨミ
ミネルヴァ
ジェネシスレギオン



Ⅳ.友人N君の場合
最近ではブレイブルーで対戦することがいい友人
メインキャラはBBはラグナ、UNIではゴルドー
基本的にそのキャラのリスクの低い技を効果的に振り
相手にプレッシャーを与えつつ、決めるときに
バシッとフィニッシュすることに特化しているというのが私の考察。
そんな彼はVGでは「かげろう」「シャドウパラディン」
どちらのクランも相手への重圧、パワーラインともに優秀で
かげろうだったら退却、シャドパラだったらガード制限と高パワー
相手の場や手札に直接リスクを与えるその様は
GFからの高ダメージ、アシミレイションのGID吸収等に
非常に似ていると私は思う次第だ。
ジエンド
ザクロス
ファンブラディアボロ



Ⅴ.友人M君とエンジェルフェザー
さて、きっかけとなった友人M君
彼はメルブラではF制服F姫、UNIではユズリハ
そのゲームにおける「玄人」とでも言えばいいのだろうか
かなり特殊な動きを使いこなし翻弄するタイプ。
当たり前だが、練習も怠っていないが故だろう
というのが私の考察。
そんな彼がエンフェを使う、結論だけを言えば、合ってる
というのもエンフェは他には有り得ない位ダメージゾーンを利用する。
ダメージゾーンとはそこに6枚カードが置かれたら負けなのだが
そこに置かれるカードによる展開、パワーパンプが主なので
ざっくり言うとめちゃくちゃむずいwww
が!近年のエンフェはダメージゾーンに送るカードも優秀
パワーパンプは同じパワー系(と思われる)ディメンジョンポリスを
上回るレベルとなっているので
正に「使いこなせば強い」の代表格であり、強さもピカ一。
是非彼にはそのままエンフェを通じでVGに興味を持ってもらい
一緒に遊べればいいな、と思う所存。
ちなみに余談だが、エンフェはお姉さん的な絵が多いので
その辺でも興味を持っていくのがありだと思う。
俺も「可愛いカードあるじゃんww」で始めたからね、ヴァンガード。
ナース・オブ・ブロークンハート
ガウリール
ラファエル




Ⅵ.肝心の砂利ガニ君は?
友人を(勝手に)出汁に使っておいて自分はなしという訳にはいかないだろう
ということで自分こと砂利ガニの事故・・・もとい自己考察。
格ゲーにおいてはBBはテイガー、UNIではワレンシュタインを使用。
どちらも投げにメインウェポンがあり(ワレンはちょっと違うかな?)
そのワンチャン力で(運すら絡めて)圧殺する・・・それが自分の格ゲースタイル。
そんな俺の使用クランは・・・
2万パワーで七回殴りぃ!
ガードを削って磨り潰す!!
その姿は正に
「ヴァンガード界のワレンシュタイン」

スパーーーイク!ブラザーーーーーズ!!
バッドエンド
オーグルレギオン
そしてぇ!
4万パワーで一発KO!
ガードも貫き押しつぶす!!
その姿は正に
「ヴァンガード界のアイアン=テイガー」

ディメーンジョーン!ポリィィィィス!!
次元ロボレギオン
シンバスターレギオン
・・・いや、これがやりたかっただけだろ?www
と言わんばかりの文章構成である、ちなみに違いますw
割と考えてたんだけど冷静に考えると
「この記事ってVGと格ゲーどっちも知ってないと楽しめないよな?」
と書きながら思ってしまいまして、逆に言えば
「どっちも知ってる人だったら大笑いするオチつけたろ」
ってなんた結果こういう書き方になりました。
まぁまじめな事を言えば、今のワンチャン大好き人間の
自分にとってはこのクラン及びデッキは
合っているとは思います。



Ⅶ.終わりに
もちろん「可愛いからこのクラン」とか「強いクランが知りたい」
っていうのでデッキを組むのもあると思います。
それは格ゲーで言う「このキャラ好きだから使う」
「強キャラってどれ?」と言ってることは同じだと思いますし。
なので最終的には自分が決めた自分が使いたいものを使う
という大前提で遊ぶのが一番です。
ただ、その上で格ゲーを齧ってる手前
その視点からヴァンガードを語ってみたかった。
今回の記事はそんな感じです。
少しでも格ゲー、そしてVGに興味を持ってもらえたら幸いです
以上(`・ω・´)ゞ
スポンサーサイト

カテゴリ: 雑記

テーマ: カードファイト!! ヴァンガード - ジャンル: ゲーム

tb: 0   cm: 0